梅雨時期の洗濯に最適!
部屋干しグッズと臭いを防ぐ方法

梅雨になると雨が多くなり外で洗濯物が干せなくなり、洗濯物が溜まってしまいますよね。
部屋干しをすると生乾きの臭いが残り嫌な臭いがしてしまいます。

部屋干しの臭いの原因

部屋干しをして洗濯物が臭くなる原因は「カビ」と「雑菌」になります。
洗濯機に蓄積されたものや洗濯では落としきれなかった「カビ」や「雑菌」が、部屋干しで乾くのに時間がかかっている間に繁殖し臭いが発生します。
部屋干しで臭いを出さないためには、「カビ」「雑菌」を減らし、早く乾かすことが対策になります。

部屋干しでも「カビ」「雑菌」の繁殖を防ぎ、臭いを出さないための方法と便利グッズをご紹介します。

乾きやすくする

「カビ」「雑菌」が繁殖するには水分と時間が必要です。
濡れた状態が長く続くと繁殖が進むため、短時間で乾かすことが重要です。

部屋干しは風がないため、洗濯物の水分が蒸発しても移動しないので乾きにくのですが、扇風機やサーキュレーターなどで風をあてることで、短時間で洗濯ものを乾かしやすくします。

洗濯物が多いと扇風機やサーキュレーターでは乾きにムラが出てしまったり、多くを干せなかったりしますが、積水樹脂さんの「ものほしスタンド 回転式カザグルマ KK-20」を使うと部屋干しが効率的にできます。

ものほしスタンド 回転式カザグルマ KK-20

扇風機などを当てると干し部が回転し、洗濯物を素早く乾かせることができます。

私も愛用している商品で、仕事の帰りが遅い平日は朝にこれで部屋干しをして出かけています。
乾きにくい真冬や真夏は室内乾燥機もセットしておくと確実に臭いは発生していないです。

部屋干し用や抗菌用の洗剤を選ぶ

部屋干しには「カビ」「雑菌」を発生させないこと。
「カビ」「雑菌」を発生させないようにするには「洗浄力」「抗菌力」が重要です。

一般的には液体洗剤よりも粉末洗剤の方が洗浄力がありますが、洗浄力が強いため色落ちして他の衣類に移ってしまうので、洗濯スタイルに併せて選んでください。

最近では「部屋干し用」や「洗濯槽」の洗浄効果があるものまで発売されています。

ブライト(漂白剤)

ワイドハイター(漂白剤)

レノア 本格消臭(フレグランス)

洗濯槽を掃除する

目には見えないですが、洗濯機の洗濯槽の裏に「カビ」「雑菌」が生息しています。
洗濯機自体が汚れていては、どんなに洗濯しても「カビ」「雑菌」が付着してしまいます。
定期的に洗濯槽を掃除して、洗濯機自体を清潔にしましょう。

洗濯槽クリーナー

アルカリイオン水を使用する

アルカリイオン水はマグネシウムを水に溶かすことでを作れます。
アルカリイオン水は洗濯物の皮脂汚れと結びつき、界面活性作用により洗浄力を高め消臭・洗浄・除菌の効果を発揮します。

アルカリイオン水は人体に無害なのでデリケートなお肌の赤ちゃんがいる家庭であまり洗剤を使いたくない家庭にはおすすめです。

マグネシウム