お風呂のゴムパッキンに発生する黒カビの掃除方法

お風呂場は湿気が多く、カビが発生しやすい場所です。

赤カビはブラシやスポンジで洗えばすぐに取れますが、ゴムパッキンなどに発生する黒カビは洗っただけでは落ちません。
特に壁面などの縦に発生する黒カビはカビ用洗剤の浸け置きができず、掃除が難しい場所になります。

今回はそんな掃除のしにくい壁面の黒カビの掃除の仕方をご紹介します。

洗剤ペーストを作る

壁面はカビ用洗剤を付けても下に流れてしまうので、片栗粉を混ぜたペースト使用します。

用意するもの

  • 片栗粉
  • カビ用洗剤(塩素系洗剤)
  • 入れ物(プリンやヨーグルトなどの入れ物がちょうどいいです)

順番

  1. 片栗粉とカビ用洗剤を1.3:1くらいの割合で混ぜ合わせたペーストを作ます。
  2. (カビ用洗剤を少なめに入れて徐々に調整します。)(少し硬めの方が塗った際にたれないです。)
  3. 黒カビのある箇所にペーストを塗り、10~20分程度浸け置きします。
  4. お湯で洗い流します。

参考動画

カビ用洗剤(塩素系洗剤)

カビハイター

カビトルデスPRO

激落ち 黒カビくん

カビ用洗剤(高級タイプ)

高級タイプはペーストを作らなくても直接付けても落ちる強力なものになります。

ダートバリア

カビホワイト

カビダッシュ

スパイダージェル

かびとりいっぱつ185

茂木和哉 浴室カビとり

防カビ剤

防カビ剤はカビを掃除するものではなく、発生しにくくするものになります。

お風呂の防カビ剤

おふろの防カビくん

アズマジック防カビ剤

防ぐカビキラー

防カビ 据え置きタイプ

バイオ お風呂のカビきれい

ドクターデオ Dr.DEO お風呂の防カビ用